ズワイガニの選び方と食べ方

ズワイガニの選び方

ズワイガニでも重さと甲羅の硬さに関してはまずチェックするポイントになります。高級なものでもありますので、身の詰まりがスカスカな状態ではガッカリしてしまいますよね。まず、手で持てるものでしたら重さの確認をしっかりしましょう。甲羅も成長しきった硬いものだと身の詰まりがいいですね。味ものっていますよ。

そして他のカニと少し違うのは、カニのお腹を見ることですね。この時に白くなっているものは避けて下さい。茶色っぽいものの方が美味しいズワイガニということになります。お腹を見せてくれないお店に良いカニはないです。そこで買う必要もないでしょう。

生ものですので、長時間ベタベタと触るのは良くないですね。品物の鮮度を落としてしまいます。お店にも失礼なのでマナーとして覚えて下さい。手に臭いもつきますので、必要以上には触らずお店の人にしてもらうといいですよ。

ズワイガニのおいしい食べ方

ズワイガニもバリエーションの多い食べ方が出来ます。生で購入したのであれば、刺身もしゃぶしゃぶもいいですね。カニスキも美味しいですよ。足は比較的長く細いのですが、身離れが良いのでボイルでも食べやすいです。パキッと関節でおると、身が抜けやすくなります。

中華風の炒め物にする方もいますが、先にそのままの味を楽しんでからの方が良いでしょう。変化が分かるので、一層味の豊かなものだと実感できます。見栄えの良さもあって、カニチャーハンのトッピングにも最適です。

ボイルの方法については、これもご自宅で茹でるよりは、プロが茹でたものの方が、数段上の仕上がり状態になります。浜ゆでの美味しさも味わえますね。本当にカニのボイルの仕方というのは難しいですし、手間もかかりますので、あらかじめ調理されている方が便利に食べられますよ。

鍋も大きなものは必要ないので、キッチンでかさばることもないですね。楽をしてズワイガニを楽しめますよ。


訳ありのカニなら【北国からの贈り物】

このページの先頭へ