タラバガニとアブラガニって似てる?

実際の見分け方について

タラバガニとアブラガニは非常によく似ています。店頭でも見分けにくく、一時期安価なアブラガニをタラバガニとして販売していた業者が問題になったこともあります。今ではそういった業者は少ないと考えたいですが、見分けられる方法は理解していた方が良いですね。念のためと言うところでしょうか。

ではそのポイントですが、最も分かりやすいのは甲羅の中央に突起が6つあるのがタラバガニです。4つしかないのはアブラガニなので、ここを注意深く見ていって下さい。色味も多少は違いますが、一般の方にはわかりにくいので、この突起について覚えるようにしていきましょう。

これを異なった表示で出している様なお店があると信頼は出来ませんので購入しないで下さい。アブラガニも美味しいことがありますが、価格の違いも考えるとあまり良いお買い物ではないですね。

味や値段も違うの?

タラバガニとアブラガニは、他にも足の違いで分かります。足の裏の第2関節が先まで赤いのがタラバガニ、白いのがアブラガニということになっています。確かにアブラガニも脂がのれば美味しいものがあります。ただ通常はタラバガニの方が美味しいですね。

そして贈答品としてアブラガニというのも気が引けますし、適していないというのが一般の見方ですね。ハズレのアブラガニだと先方もガッカリすることでしょう。味についてはこの程度の違いがあります。

では値段については3kgのもので比較してみましょう。アブラガニは8,000円程度なのに対して、タラバガニでは20,000円前後になっています。さすがというほどの値段の違いを感じますね。こういう点での比較をしても、アブラガニをタラバガニとして販売するのは許せないところですね。

味が落ちるものを倍以上の値段で買いたくはないものです。しっかりと見極めて購入するように、気を付けて下さいね。タラバガニは見た目にも大きく贅沢な感じがして良いですよ。


訳ありのカニなら【北国からの贈り物】

このページの先頭へ