カニの種類や産地

カニの種類とは?

カニの種類にもいろいろありますので、どれを選んでよいのかわからないこともありますよね。大まかに分けると、簡単に手に入るもので、タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニなどがあります。産地によって、名称の変わるものもありますが、ほとんどはこの呼び方で通用すると考えて構いません。

この時期には身もしまっておいしくなりますので、冷凍やボイルものとして多く販売されています。贈答品として送ったり、またその逆もありますね。お正月の料理と並んで食卓にカニが乗ることもあります。カニの種類や産地を知ることによって、独特の楽しみ方もできますので、わかっていたほうがいいですね。

ちなみにタラバガニとアブラガニは似ていますが違うものですし、ズワイガニも産地で名称が違うものとして有名です。地名のついているブランドカニとして高級品の扱いにもなりますので、覚えておくと便利ですよ。ブランドというだけでも気分が変わり楽しめますよね。

カニの産地について

カニの産地というと北海道が一番最初に思いつきますよね。ところが、他にもたくさんカニの漁獲ができるところがあります。ちなみに北海道では、タラバガニ、毛ガニ、花咲ガニが中心ですね。花咲ガニは、ズワイガニなのですが花咲漁港で水揚げされるのでこの名称になっています。

ズワイガニは日本海沿岸でも水揚げされます。福井では越前ガニといいますし、山陰だと松葉ガニというようになります。また隠岐の島のあたりだと隠岐ガニというのもあるようですね。多少味の落ちるベニズワイガニというのもありますが、名前とは合わず味の保証はないですね。

また大きくしたものでは高足ガニというのもありますが、これは太平洋側で取れるものなので、産地を見るとズワイガニではないということがわかりますよ。日本海側での水揚げならばズワイガニだと思ってよいでしょう。ちょっと見分けが難しいものもありますが、ちゃんとした販売店では説明もしっかりしていますよ。


訳ありのカニなら【北国からの贈り物】

このページの先頭へ